子供パパ

嫁さんに子守任された・・・どうしよう

新米パパにとって、奥さんが外出するので、子守を任される時は
結構、ハードルが高かったりします。
なれないと結構苦痛だったりしますしね。

自分はやらなければ、いけないことがあるのに
なんでオレが
ちゃんとできるかな
面倒なことがおきないといいけど

そして、奥さんの外出が友達と遊びに行くとかだったりすると
ますますイライラしたりします。

私も最初の頃は、子守を任された、2時間
たった2時間でしたが、それはもう苦痛でした。
はやく嫁さん帰ってこないか・・・と
ひたすら時間を気にしていました。

で、なれの問題もあるのですが、
当人が、苦痛な時間と思っている限りこれはずっと苦痛な時間でしかないわけです。

The time you enjoy wasting is not wasted time.     Bertrand Russell

あなたが浪費を楽しんでいる時間であれば、それは時間の浪費ではない ラッセル

引用として正しいかどうかはさておき、
本人が時間を無駄に使ってしまったな。。。と思えばそれは浪費ですし
本人がそれを楽しめていれば、それは時間の浪費ではないのです。

子守の時間を、苦痛の時間、避けたいものと思っていればそれは
自分にとって、時間のムダでしかないし
頼まれるだけでいやなものです。

で、どうせやらなければいけないなら
楽しんだ方がいいでしょう。

ある程度一緒に遊べる年齢(月齢)なら
一緒に遊んでも構いませんし

反応もあまりないような月齢の赤ちゃんなら
ひたすらその動きを観察したりするだけでも楽しめます。
なんなら、自分の興味あることをひたすら語りかけてもいいかもしれません。
一緒に散歩してもよいでしょう。

要は自分の子どもと何して遊ぶかです。

別に子供の遊びに合わせる必要は必ずしもありません。
自分が楽しめることを子どもと一緒にするだけでも
子供も十分楽しめるのです。

何しろ子供は、まだ世界の一部しかしらなくて
いろいろなことに興味があるのです。

一方的なかかわりかもしれないけれど
パパの楽しめることは、きっと子供も楽しめるようになります。

苦痛な時間が、楽しい時間に変わることを祈っています。


0 thoughts on “子守を苦痛に感じないために”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Posts

コーチング

家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記について

ブログ記事をお読み頂きありがとうございます。 家庭崩壊を救う住込みカウ Read more…

コーチング

その「好きにしないさい!」は本当に好きにしてよいのか?

「好きにしないさい!」とか「勝手にしなさい!」っていっちゃうもんですが Read more…

コーチング

鏡の法則をコミュニケーション的に説明してみた①

「鏡の法則」って嫌いじゃないけど、ちょっとスピリチュアルっぽい感じがし Read more…