こんにちは、子育てコーチのたろーです。

みなさんのお子さんは食事はもりもりたべますか
それともゆっくり、マイペースで食べますか?

我が家の子どもたちは、食事のペースはあまりはやいとはいえず、
出勤前の食卓では、ママの「早く食べなさい!」がよく聞かれます。

忙しい時に限って、なかなか食べるペースが上がらなかったりします。

そして「早く食べなさい!」という回数が増えるほどに
食べるペースはあがらず、口と手は動かず、会話や他のことに
気を取られるようになります。

パパに似て、目の前に課題に目を向けられない状態なのでしょうか…

早く食べるために、なだめすかしたり、怒ってみたり
デザートが食べられないとか、おやつが食べられないとか
早く食べれば、○○を買ってあげるとか
いろいろ試しましたが、どれもその場しのぎのものが多く
長続きしません。

しかし、一つだけ何回やっても有効な手段があります。
ちょっと手はかかりますが、
何かゴールになるもの(食べ物でもコップでも、お茶碗でも可)
を遠くから近づけて行きます。

我が家では「ずん」と言っていますが
一口食べると「ずん!」と言って、次男くんに少し近づけます。
すると面白がって、もう一口食べます。「ずん!」

今度は一口でたくさん食べてみます「ずん、ずん!」
たべるごとにゴール(コップ)がどんどん近づいてきます。

あとは、もう放っておいてもモリモリたべてくれます。

最初は本人の食べたいもので「ずん」をやっていたのですが、
食べ物でなくても、何かが自分のやったことに反応して近づいてくる
というのうが面白いらしく、もりもり食べてくれます。

最近では、「ずん」をやってくれとせがまれたりもしますし、
こっちが見ていない時は、自分で食べたことを主張して、
自分でコップを「ずん!」といって
ずらしたりしています。

難点は、自分で最初から最後までできないことなので
今は、自分でできるように仕込み中です。

不思議なもので、この方法だと、ママもイライラせず
子供もいやな思いをせず、積極的に食べている点です。

問題の本質とはずれた解決法なのかもしれないけど
みんな笑顔で、済むのならこんな方法でもいいのかもしれません。

子供の食事のペースでお困りの方、是非ためして見ては
いかがでしょうか。

Categories: 子育て

0 thoughts on “目に見える成果”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Posts

コーチング

家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記について

ブログ記事をお読み頂きありがとうございます。 家庭崩壊を救う住込みカウ Read more…

コーチング

その「好きにしないさい!」は本当に好きにしてよいのか?

「好きにしないさい!」とか「勝手にしなさい!」っていっちゃうもんですが Read more…

コーチング

鏡の法則をコミュニケーション的に説明してみた①

「鏡の法則」って嫌いじゃないけど、ちょっとスピリチュアルっぽい感じがし Read more…