%e5%8d%94%e5%8a%9bコーチングをしていると、
コーチングを知らない人からは、

コーチングって何?

と聞かれるし、

コーチという言葉から

あ、あの野球とかサッカーでベンチにいる人でしょ!

と言う人もいます。

ご存知の方でも

あの質問するやつでしょ?

などと言われることがあります。

で、自分がやっているコーチングというものが何か?
と聞かれた時にうまく伝えることができているかと言われると
怪しい部分もあるので、この際なので
現時点の見解をまとめておこうと思います。

野球や水泳のコーチではありません!

コーチというと、野球や水泳などスポーツのコーチが
思い浮かぶことが多いのですが、一般的にスポーツのコーチと
言われている人たちと、自分のコーチングは違います。

実際のスポーツのコーチをみたり、体験したことないですが
大抵の場合は、教育指導をしていることが多く
私達のやっているコーチングとは対比して
ティーチングと言っていることが多いわけです。

逆にいえば、我々のコーチングは
教育指導はしないということになります。

まったく、教えないということではないのですが
基本的にはやらないものです。

もっとも、野球や水泳のコーチの中にも
我々の言っているコーチング的な関わりをしている方も
いると思います。

質問するやつですが・・・

で、次によく言われるのが、

「あの質問するやつでしょ?」

というものです。
ま、コーチングの技法で質問するのは
確かにそうですし、必須のことなのですが、

質問ということに対してちょっと分類した方が
いい感覚がしています。

質問をすると言っても
上司や先生の質問と違っています。
また、アンケートなどの質問とも違います。

何が違うのかなと考えていたのですが
上司の状況確認、意思確認などとも違いますし
先生の正解を求める質問とも違います。

で、アンケートとの違いは
アンケートは質問者の必要としている情報、興味に対して
質問している点です。
まぁこの点は、上司の質問も似ていることがあります。

このことから、私が扱うコーチングは

  • 正解を求めるわけではない
  • 質問者の興味で質問するわけではない

であり、逆に言えば
出てきた応えは全て正解ですし
質問者ではなくて、応える人の興味・関心にそって
質問はなしをすすめるわけです。

で、どちらかと言うと
朝礼とか、講演とかで演壇にたつ人が
「皆さんは、どうですか?」
と投げかける質問に近い気がしています。

何が近いのかといえば、
質問者は、自分の興味でそれを聞いているわけではない
どちらかといえば、投げかけた人の頭で何かがおきることを期待していたりします。
それに、答えなくてもいい。

このあたりが近いと思っています。
ま、違いがあるとすれば
応える人の回答を真剣に聞かないことくらいでしょうか。

引き出すやつでしょ?

で、ある程度ご存知の方からは、引き出すやつでしょ?

と言われるわけです。
実際には、顕在意識にある情報ではなく、潜在意識から情報を
集めてきますので、まぁその通りといえば
その通りなのですが、

コーチ:引き出す人
クライアント:引き出してもらう人

みたいな関係ができあがっているのが、個人的には
ひっかっかっています。

なんというか共同作業なので
どっちかがどっちかに何かをするというと少し違和感があります。

じゃ、いったい何なのさ?

ということになると思うのですが、
長くなりそうなので、次回続きを書きたいと思います。

Categories: コーチング

0 thoughts on “コーチングって何だ?①”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Posts

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記16

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記15

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記14

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。