%e5%8d%94%e5%8a%9b前回に引き続きコーチングについてです。

自分がやっているコーチングについて、簡単に説明する時
よくこんな説明をしています。

カウンセリングとコンサルティングの中間です

ああ、非常にざっくりしていて、不本意なんです。

でも、コーチングを知らない人に説明する時に
よりメジャーな、カウンセリングやコンサルティングと並べるとわかりやすいので
仕方なく並べています。

で、一方でこういう話をすると
カウンセリングと、コンサルティングといったい何が違うのか?
と言われるわけです。

で、誤解を怖れずにざっくりした違いを説明するためにこんな言い方をしています。

カウンセリング+目標と行動

カウンセリングと同様コーチングはクライアントさんの
現状や主訴について、話を傾聴します。
聞ききります。

で、カウンセリングはここで、現在のつらい状況や悩みを聞ききって
現状でもOKというのをメッセージとして送りながら
ひたすら聞ききる。

で、時にクライアントさんの偏った認知を自分で気づけるように
するものだと理解しています。

(違ったら、だれか突っ込んで下さい)

で、これに対して目標とかをもって、そこに向けてどうしていきましょうか?
みたいなことはあまりやらないわけです。

もちろん、現状の問題について解決を図ろうとするのだけれども
あくまで、普通の状態から、外れているから問題が起きているわけで
普通の状態に戻しましょうね。

というのが一般的なカウンセリングです。(と理解しています。)

だから、普通の状態を越えた、ある目標に向けて変化、成長していきましょうね!
ということはあまりしないようです。

で、コーチングは、
この目標に向けて変化、成長していくことを支援していくわけです。

コンサルティング − アドバイス

で、コンサルティングですが、こちらはコーチング同様
目標にむけてどうやっていくかという話になります。

で、コンサルタントは知恵者ですから、
目標を達成するためのあらゆる方法を知っていて
そのために、色々な方法を教えてくれるわけです。
最新のトレンドから、王道、他のクライアントさんの実績から得た方法などなど。

で、最後にアドバイスするわけです。
この方法がいいですよ!
こうやっていきましょう。

最終的な、実行の選択だけはクライアントさんに委ねるわけです。

で、実際に自分も使ったことがあるからわかるのですが
このアドバイスが腑に落ちればいいのですが
そうでない場合は、なんだか言いくるめられた感じがして
うまくいくのか、疑心暗鬼ですすめるわけです。

で、この時クライアントは知恵者のコンサルが言ったのだからと
やり始めるのですが、うまくいかないと「コンサルは口ばっかりだ」
などと言うわけです。

別にコンサルタントを否定しているわけではなくて、
当然うまくいくケースもあると思っていますが
うまくいかないクライアントに起きているのは
自分らしい、その会社らしいやり方を選択しないために
納得いかないまま進めて、本当にそれでうまくいくのかと疑心暗鬼のまま
すすんでしまうケースが多いということです。

で、逆にうまくっているのは
コンサルタントの提案とやり方がマッチしていた場合や
コンサルタントのやり方を盲信できるクライアントというわけです。

では、コーチングは何が違うかと言うと
このアドバイスがコンサルティングからないわけです。
場合によっては専門知識もないかもしれない。

でも解決に導けるし、比較的結果が出やすいわけです。

不思議なものです。

もちろんコーチングでアドバイスすることもありますが
あくまで提案であり、選択の余地はあります。
また、コンサルタントの選択肢よりは、断りやすい選択となっていると感じています。

で、なぜコーチングではこんなことが起きるかというと
基本的にはクライアントのリソースにそって
その人らしい、その会社らしいやり方というのを徹底的に追求するし
選択肢も基本的にはクライアントの中から出てくるわけです。

だから、最終的なアクションも納得したものしか出てこない。
納得できなければ、何度でも考え直せばいいわけです。

目標達成までのアプローチも違う

もう一つ付け加えておくと、
目標達成までのアプローチも違うと思っています。

どういうことかといえば
コンサルティング等は、目標、ゴールに対して
プロセス毎にブレークダウンして計画をたてて、一つ一つ実施していきます。

ところが、コーチングではあまり計画を重視していない。
それから、大きなプロセスもあまり重視していません。
(もちろん計画を重視しているコーチングスタイルもありますが、私のコーチングは重視していません)

むしろ重視されるのは、より目標や目的を具体化することと
それに伴った最初の行動をより小さくして確実に実行していくことです。

ゴールまでを小さなアクションで積み重ねていくのは同じなのですが
計画という軸で一貫させるか、自分らしい納得性のある目標や行動で一貫させるか
という違いがあると思っています。

興味の有る方は、是非一度コーチングを体験してみてはいかがでしょうか?

計画がないけど、目標が達成される不思議な体験をするかもしれません。

Categories: コーチング

0 thoughts on “コーチングって何だ?③”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Posts

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記16

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記15

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記14

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。