%e5%8d%94%e5%8a%9b
コーチングって何だ?というテーマで最近書き続けてます。

第5回目。

コーチングという商品の価値

自分の商品がコーチングになるわけですが
この商品を売るにあたって、迷いがありました。

テレビや、冷蔵庫などの製品のように、
保証できるスペックが有るわけではありません。

提供できるその人の変化、成長も人それぞれですし
すぐに現れる人もいるし、じっくりじわじわ現れる人もいる。

逃げではなく、そこが保証できない。

で、セッションにおける品質、
そのセッションにおける気づきであったり
現状維持バイアスを外すためのインパクトであったり

はある程度保証できるのですが、
その結果までは保証できない。

かつて、製品を売る職場にいた側としてはこれはなんとも心もとないものです。

コンサルティングなどでは、
報告書や計画書などを提出してそれを納品とするわけですが
コーチングでは、それもないわけです。

だから、自分の商品を自信をもって、これこれです
と説明できない自分がいました。

でも自分が振り返ってみて、
こうしたプライスレスのようなものに対してお金を払った経験はないか?
と思った時に
まったくなかったわけではないわけでして。

その時の営業さんを思い出してみると
その製品がいかにすばらしいかとか、他社製品より優れているかとか
いかにお得かなんて言っていない。

その製品が造られるまでの、職人さんの思いやこだわりであったり
そういうものをひたすらに語り続けている。

で、買ってくれ!とも言わない。

ファンになった人にどうぞ、、、
というスタンス。

それでいて、高いものを買ったりしても後悔はほぼないし
その後の満足度も非常に高かったことを覚えています。

だから、自分の商品も価値を決められない部分もあるし
お値段が安くてお得ですとかも言えないから

商品を提供するにあたっての、こだわっている点や
大事にしている点について、説明するしかないなと思っています。

で、その一つに自分がコーチングスキルを上げるために
クライアント体験をたくさんしているわけですが
(コーチがクライアントになって、別のコーチにコーチングをしてもらうということ)
その中で体験した、素敵なことを
何回かに分けて書いていこうと思います。

なぜ、他人のコーチングを書くのかといえば
自分がそれをすばらしいと思った点は、少なくとも自分が大事にしている点であり
かつ、自分のコーチングセッションの中に少なくとも反映されていると
思っているからです。

と、同時に、こんなことが起きるのか!!

というのもお伝えできればと思っています。


0 thoughts on “コーチングって何だ?〜コーチングという商品〜”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Posts

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記16

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記15

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記14

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。