100%e7%82%b9

こんなの人前に出したら恥ずかしいから完璧にしておかないと…

仕事でも何でも、何かをつくりあげようとする時に、どうしても、完璧にしてからでないと、人前に出したがらないことがあります。

もちろん、製品などは、売っている以上、ある程度のスペックを満たしている必要があったりするわけですが、こと個人で制作する作品や、仕事の場合は、あまり完璧にし過ぎない方がよいようです。

会社などでは、上司に仕事を依頼されて、自分で納得行くまで仕上げて、直前になって見せたら、上司にダメ出しを食らった! なんて目も当てられない事態も発生したりします。
そうした点からは、上司や顧客とのイメージのズレを初期段階で細かく修正することが大事です。

コーチングの先生が話していた内容で、飛行機は出発地から、ピンポイントの目的地まで行くのに時速1000Kmをどう操縦するのかの
話があります。
ご存知のように、飛んでいる最中も常に目的地の方向に向いているかを確認しながら細かく修正蛇を切っているわけです。

それと同じように、とにかく飛び立って、目的に向けて細かく舵を切っていくことが大事になるわけです。

プロセス上はね。

ただ、心理的に言えば、3割くらいの出来のものを見せて恥ずかしい思いをしたくないからできるだけ、完璧に作ってから報告や公開をしようとします。

けれども、この前うちの子供を見ていて、心理的にも3割のまま、公開した方がいいということに気が付きました。

3割と10割の出来の心理の違いと修正時のダメージ

前述のとおり、人の心理としてはできるだけ恥ずかしくない形で公開した方が楽でしょう。
しかし、完璧(10割)あるいは、それに近い出来まで作品/成果物を作った上で公開した場合には自分ではある程度出来ている感があります。
そして、ここまで頑張ってきた感覚があります。

そこに

「ここが違う」
「これを直しなさい」

とやるとどうなるか。

言われた側は

「私の頑張りが受け入れられていない」
「私が完璧に近い形で仕上げてきたのに」

となり、否定された気持ちになったり、受け入れられていない気持ちになります。

人間肯定されて、初めて変化への余裕がもてるのだそうですが、完璧に近い形でダメ出しされると、変化への余裕がもてません。
だから、作品/成果物の修正をするための気力を振り絞るにも時間がかかります。心理的回復にも時間がかかります。当然方向などが大きく違っていれば修正する量も膨大になるでしょう。

もう、修正する気も失せるのがよくわかります。なんなら、指摘した人のこと恨みたくなります。

ところが、3割くらいの出来の時に見せたらどうなるでしょうか?

「ここが違う」
「これを直しなさい」

と指摘を受けても、
出来が不完全で公開する恥ずかしさを差し引くと、自分の中でも完璧にしていない分
思い入れも少なく、

「ま、3割のできだからね」
「それは、やろうと思っていたよ」

などと、ダメージからの回復が早かったりします。
何よりも、否定された感が少ない。

だから、心理的にも3割で公開した方がよいとわかります。

むしろ問題は3割の出来で公開する恥ずかしさか・・・

そうなると、問題は3割の出来で公開することの恥ずかしさもありそうです。
この恥ずかしさを圧して、公開したにもかかわらず

「ここが違う」
「これを直しなさい」

と指摘されると、

「せっかく早めに見せたのに、やっぱり3割の出来だと直せと言われる」

と考えて、
「3割の出来では見せないほうがよい」
「完璧にしてから公開したほうがよい」

の思考に逆戻りするわけです。

ただ、自分一人では完結しない作品/成果物は、必ず人に見せるわけで、他人は、あなたとは違う価値観、モノサシをもっているわけです。
すると、どこかしら、違う!ということは発生するのは実はあたり前のことなのです。

だとすると、完璧にしてから見せたい人は「自分だけで完璧に作れる」という大前提にたっている。

ところが実際に自分一人で完結しない作品/成果物の大前提は

「自分だけでは完璧なものは作れない」
「かならず、人の目に晒されて完成する」

となるわけです。

そう考えると、出来が3割だろうと10割だろうと人の目に晒した段階で必ず異論が出ると思っていた方が良さそうです。

後者の前提にたてば、人の目に晒した回数が多いほどより完璧なものに近づくわけです。

そういう意味では、3割のできでも早い段階から人の目に晒した方がよさそうですね。

というわけで、プロセス的にも心理的なダメージ的にも、3割の出来で晒しながら、すすんだ方がスピーディーにより完璧に近いものができるという結果になるわけです。

さぁ!
完璧をめざさず3割の出来で、どんどん突き進みましょう!
そうすれば、本当の完璧が手にはいります!

因みに今回はスピードの話はしていなかったですが、もちろん3割のできの時は、当然かける時間もかかる時間も3割以下の状態を言っていますからね。おんなじ時間で3割のできて、公開提出しようものなら、大目玉になりますから悪しからず。


0 thoughts on “完璧じゃなく、3割の出来で進む方がよい心理的な理由”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Posts

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記16

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記15

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記14

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。