%e9%81%ba%e4%bc%9d%e5%ad%90先日Yahooニュースでこんな記事がありました。

「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか

記事の内容は、

行動遺伝学の第一人者、安藤寿康教授の最新刊『日本人の9割が知らない遺伝の真実』では、遺伝にまつわる俗説を解きほぐしつつ、個人としてまた社会として遺伝にどうやって向き合うべきかを明らかにしています。

というもので、安藤教授の著書の紹介がメインの記事です。

ただ、

気になったのが、記事の内容は人によって変な受け取られ方をしないか?ということでした。

「なんだ、結局知能も遺伝で決まってしまうのか」
「どんなに頑張っても、決まってるんなら仕方ないよね」

と、記事を読んだ人がそうおもってしまわないかということを懸念しました。

親の子育てや先生の教え方は、子どもがどう育つかに無関係
世の中には、たくさんの子育て本が出ており、さまざまなテクニックが紹介されています。しかし、そうしたテクニックの効果は、行動遺伝学の立場から考えると、あまり期待できません。
よい学校に通い、教え方のうまい先生に出会えば、子どもがやる気を出して劇的に賢くなるとも言えません。教え方やクラスの違いより、遺伝の影響の方がずっと大きかったのです。これも教育がムダだという意味ではなく、教育や学習の仕方を少しくらい変えただけでは、成績に劇的な変化を起こすことができないほど、いまの学校教育がみんなに行き届いていることを意味します。

このあたりだけ読んでしまうと、親や学校の先生は、な〜んだとなって
それこそ、教える意味とかを感じられなくなってしまうでしょう。

一方で、この記事は

誤解されやすいのですが、遺伝が影響するといってもそれは親の特徴がそのまま子どもに受け継がれるということではありません。子どもは父と母それぞれから半分ずつ遺伝子を受け継ぐのですが、個々の形質については多数の遺伝子が関わっているため、親とまったく同じ特徴を持った子どもが生まれることは極めてまれです。遺伝とは、生まれたときに配られたトランプの手札のようなものと考えればわかりやすいでしょう。

それでは現代において、格差は広がるに任せるしかないのでしょうか? 親が子どもにしてあげられることは何もないのでしょうか?

『日本人の9割が知らない遺伝の真実』は、能力は遺伝するという科学的知見を踏まえ、これからの時代にあるべき教育の姿、社会のあり方を描きます。

と言っていて、大丈夫ですよ!本を見て下さい!というような構成になっていますが
初見の人や、人によっては、「遺伝で決まっています」のところだけ
捕らえてがっかりしてしまう可能性が非常に高いと感じられました。

知能は決まっていたとしても

記事の最後には安藤教授と小飼弾氏の対談動画も紹介されていたので
見てみました。

そして何よりも感じたのは、
知能も、足が長いとか、眉毛が濃いとかの形質の一部なので遺伝的要素はあると思います。
しかし、何かが得意であることの特徴の一つに過ぎないはずです。

その知能もあくまで”今の”国や世の中が”知能がある”と思っているものが得意である
かどうかの尺度なのではないでしょうか。

知能検査などでは測れないけど、この子頭いいなとか、この子はこんなことができるんだ
というの部分もあると思います。

人間の能力は様々あり、それこそ遺伝子の情報も無数にあり、その結果としての今の
我々が存在しています。
あくまで、知能は人間がその一部の測れるものを測ったに過ぎません。

それに、神様に配られたトランプのカード(遺伝子)を如何につかうか、
やりたいことをやろうとしていることを、手持ちのカードでどう組み合わせるか、
そして支援者がどうそれを支援するかが大事なのだと思います。

大貧民でも弱いカードばかりでも勝つことできるしね。

安藤先生も動画で
「知能がないことがそんなに悪いことですか?」
と投げかけているように、あくまで既に配られた遺伝子のカードに過ぎない。

各人に配られた遺伝子で、やりたいこと、実現したいことを如何に実現していくか?
そのこと自体が非常に重要なのだと思います。

国の指導要領の”画一的な優秀”を育てなければいけない先生という立場からすると
難しい面もあるかもしれませんが
願わくば、その子その子の得意な分野を伸ばしながら、その子の実現したいことを、
その子なりのやり方で続けられるような指導や支援をしてくれる”優秀な”先生が
増えてほしいものです。

そういう意味で、何かができるハウツー本のようなものは、
あくまである特定の遺伝子をもった人たち向けで、
それを持っていない人たちには別のやり方がある。

ある遺伝子がなくても、その人には別の遺伝子がある。
そして、それを使ってできる有効なこうとがあると思っています。
何しろ人間の遺伝子は、トランプの数なんかより何万倍も多く、
親からもらった、遺伝子すら、全部が発現していないわけですから、
そりゃ色々な可能性があるわけです。

最後に漫画ONE PIECEの一コマから引用。

失った物ばかり数えるな!!!
無いものは無い!!!
確認せい!!お前にはまだ
残っておるものは何じゃ!!!」
byジンベエ親分

何がないかではなく、何があるか。
あるのものをどう使うか。

そんな風にこの記事を私は捉えています。


0 thoughts on “『「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか』の記事にどう向き合うべきか?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Posts

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記16

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記15

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記14

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。