アンパンマン列車

やなせたかし氏、恐るべし

今回のタイトルだけで、ピンと来た方!

育児の際にアンパンマンにお世話になった方か、
やなせたかし好きです😁

やなせたかし氏は、言わずと知れたアンパンマンの作者ですが
実は”ぼくらはみんな生きている”の歌詞を書かれたりと
幅広い活動をされていました。

先年、90過ぎでなくなられましたが、晩年まで活動的だった印象があります。

で、この氏の歌は、数々の勇気を人々に与え、やなせ氏自身が、アンパンマンそのものなのではないか?と思わんばかりです。

今を遡ること6年前、東日本大震災の際に電気はほとんど使えず、情報は電池で動くラジオだけ。

そんな中リスナーからリクエストされた歌が、アンパンマンの歌でした。

たかが、アンパンマンの歌、されどアンパンマンの歌。

聞いていた私も泣きそうになりました。

なんだ!あんた!今の私達の状況見越して歌作ったのか?

それくらい、沁みる歌でした。

そう感じたのは、私だけではないうようで、被災地のリスナー?から
「涙がとまりませんでした」
というようなメッセージまで届いていました。いや、うなずけます。

そんな氏の中で、コーチング的な歌詞があるので、ちょっとご紹介。

何が君の幸せ?わからないまま終わるのはいやだ!

言わずと知れたアンパンマンのマーチです。

なんのために生まれて
なにをしていきるのか
こたえられないなんて
そんなのはいやだ
なにが君のしあわせ
何をしてよろこぶ
わからないままおわる
そんなのはいやだ

参考までに宮越大樹さんの動画をどうぞ。

そうなんですね。
コーチングで結構大切な発見のプロセスなんですが、
ここをズバッと射抜いています。

何が大事なんだ!何が幸せなんだ!
それを見つけて生きなさいよ!1番2番とも冒頭がそれだから、きっととても大切だよというメッセージなのでしょう。

もし自信をなくして挫けそうになったら・・・

今度は「あんぱんまんたいそう」です。

もし自信をなくして
くじけそうになったら
いいことだけ いいことだけ 思い出せ

のっけから、すごいです。
この自信をなくして、というのはいわゆる自己肯定感がないというやつです。
で、ソリューションフォーカスやコーチングなどでは
この肯定感が低い時に何をするかというと、

過去にできていたこと、うまくいっていたことを探しだす、リソース探しというのをするのですが、

いいことだけ、いいことだけ思い出せ

まさにこれなんですね。

なぜ、いいことだけなのか。
大抵の場合、自信をなくしている時は、悪いことばかりに目が行っています。
で、いいことは、過小評価されたり、目に入らなかったり。
だから、「いいことだけ」なんですね。

そして、サビにきて、

アンパンマンは君さ 元気を出して
アンパンマンは君さ 力のかぎり
ほらキラめくよ
君はやさしいヒーローさ

君はヒーローなんだ!
力の限り!
きらめくよ!

これ、宮越大樹さんの言われている、クライアントは人生の主人公
ヒーロー・ヒロインというのと全くおんなじです。

わかってるなぁ、やなせたかしさん。
(どこから目線?(笑))


0 thoughts on “アンパンマンたいそうの歌がコーチング的に凄すぎる”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Posts

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記16

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記15

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記14

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。