頑張り過ぎている人には、「そのままでいいんだよ」って言葉が必要な時はもちろんありますが…

頑張っても、頑張っても、たどり着けない。
もがき苦しんでも、前進しない。周りの人が助けてくれない、八方塞がり。そんな時、周りの励ましが、全然響かない瞬間があります。どんなに応援されても、「もう少しだから頑張れ」と言われても

「何をどう頑張ればいいだ!」
「これ以上私に何をしろというんだ!」

となるときがあります。

そこまで、きっと何度となく壁と叩き、よじ登ろうとし、そしてめげそうになる自分を叱咤激励しながら、立ち向かっってきたのでしょう。
そして、他人の言葉に傷つき、他人と比較し、

「ああ、なんで自分にはできないんだ」
「自分には能力がないんだ」

自己否定をしてしまうわけです。

そんなときには、「そのままでいいんだよ」という言葉にはとても力があります。

でも、先日と友人と話で

「そのままで、いいんだよだけじゃだめなんじゃないか?」

「どこかで後押ししてほしい時もあるんじゃないか?」

言葉は違ったかもしれませんが、そんな趣旨の言葉でした。
で、私そのときには言いませんでしたが、ものすごくそれ、大賛成です。

だって、傷ついた人は、本当はどこかに向かいたくて、そして壁にぶつかって傷ついて進めなくなったわけで、その「どこか」に向かいたかったのだから。
人間は成長を志向します。当然「そのままでいい」が必要な時期もありますが、本当は成長したくて、どこかに向かいたいのです。
そうすると、どこかで「そのままでいい」では物足りなくなる時期が来るわけです。

でも、周囲がいつまでも「そのままでいい」と言い続けると、それは成長を止めることになるわけです。

現状100%OK、未来は∞

「現状100%OK、未来は∞」これは、私のコーチングの師匠の言葉です。

「現状100%OK」というのは、まさに「そのままでいい」と同じことを言っていると思っています。

ただ、少し違う部分もあるわけです。

「そのままでいい」には自分の感覚では二種類あると思っています。
①「そのままの自分でいい」
②「そのまま変化しなくていい」

①「そのままの自分でいい」

こちはら、まさに「現状100%OK」と同じ意味だと思っています。
どこかに、向かおうとして、頑張っていたあなたもそのままでいい。
傷ついて立ち向かえなくなったあなたもそのままでいい。
八方塞がりで、自己否定をしてしまっている自分もそのままでいい。

だって、頑張ってきたんだもん。
きっといろいろな困難があって、そういう状況になったから、そんな風になっているんだよね。あなた自身の大切にしていること、戦う姿勢、傷ついた姿、それらすべてOK、「そのままでいい」としているわけです。

そう、だから、また「どこか」に向かおうとしたら、それもOK。そのままの自分なのだから。その立ち向かう姿もそのままでいいわけです。

②「そのまま変化しなくていい」

一方で、「そのまま変化しなくていい」はある意味で、成長を志向している人にとっては、邪魔な言葉になります。
だって、また立ち直り「どこか」に向かおうとしている、変化、成長しようとしているのに、「変わるな!」というのは、その人を否定していることになるわけですから。

だけど、「そのままでいい」の言葉を額面どおりに受け取るとこんなことが起きてしまうわけです。

そして、未来は∞

だから、また再び立ち上がって、立ち向かおうとしているなら、それもOKなのです。その姿も「そのままでいい」のです。
そして、支援する側は、その人の成長した先にある未来、無限に広がる可能性を疑うことなく信じてあげる。
それが、その人の未来も含めて「そのままでいい」ということなのだと思っています。

「そのままでいい」とセットにしたい「本当はどうしたい?」

何度も言いますが、傷つき立ち止まった人も、いつかは再び立ち上がります。

で、上にも書いたとおり「そのままでいい」の言葉だけだと、「変わるな!」のニュアンスも含んでしまうので、「本当はどうしたい?」もセットにしたいわけです。

これは、コーチングの一番コーチング的な質問だったりするわけですが、「どこか」に向かおうとしている人に「どこに行くの?」と聞いているようなものです。
そして、その目的地に向かおうとしている人の、そのチャレンジしている姿を応援して「それでいい!」「それがいい!」とOKを出してあげる。

チャレンジしている人は後押しされて、勇気をもらって立ち向かっていくわけです。

だから、ぜひ目的地も聞いてあげてください。

「本当はどうしたい?」って。

そして、それにもOKをだしてあげましょう。

もちろん、傷つきまくって、目的地のことなんか考えられないときだってあります。
その時は「そのままでいい」「そうだよね、そんな大変な状況の中、頑張ってきたんだものね」とOKをだし続けて上げてください。
いずれ、「本当はどうしたい?」を考えられる余裕が生まれます。

焦らずに。


0 thoughts on “『そのままでいいんだよ』だけじゃたりない”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Posts

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記16

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記15

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コーチング

保護中: 家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記14

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。