家族の食事朝、みんなよりも早起きして、朝食に、子供のお弁当、
お化粧やでかける準備など自分のこともしなければいけない。
分刻みのスケジュール。
そんな中起きてきた子供が、食事をちっとも食べない。
口の中に入れてはもごもご。口の中に入っていない時はお話に夢中。
「早く食べなさい!」と言っても、早いのはその時ばかり。
夜は夜で、ちっとも食べない、後片付けに明日の準備にお風呂に
歯磨き。
一体この子はいつになったら、早く食べるのだろう・・・

そんな忙しい子育てママに少しでも役立てればと思います。

こんにちは、たろー@二児の父です。

忙しい時に限って、子供の食事が遅々として進まない。
そんな時はどうしてもイライラしてしまいますよね。

どうしたら早くたべてくれるのか?

答えからいうと

・「食事が遅いことで得られてること」を満たしてあげる
・「うまくいっているケース」を増やしてあげる

ことです。

「ん?」と思われた方、以下に順をおって解説していきます。

なんで食べないんだろう?どうしたら早く食べてくれるだろう?
きっといろいろなことを試してこられたことでしょう。

・「早く食べなさい!」と怒ってみる
・時間を決めて、時間が来たら取り上げる
・「食べる気がないなら、片付ける!」と途中から取り上げてみる
・好きなおかずにしてみる。
・「早く食べたら○○買ってあげる」とモノで釣ってみる。
・おやつなどは食べさせない
・よく運動をさせる
・etc

でもどれも、これも長く続かない。
それもそのはずです。
これは、見た目で起きていることの原因を解消しようとしているからです。

食事が遅いことで

「子供が得られること」

を考えたことがありますか?

原因ではなく、目的です。
いわゆる刑事モノドラマの「動機は?」というやつです。
故意にしても、無意識にしても子供は食事が遅いことで何かを得ていることがあります。
動機があるのです。

例えば、

・ママと話ができる時間が長くなる
・自分が注目してもらえる(怒られることも含めて)
・かまってもらえる
・先延ばし(苦手なものを食べる)
・食事のたびに食べ終われないことを実感したくない

などなど。

<ママと話ができる時間が長くなる>

これは、食事が終わると忙しいママには仕方がないことですが
すぐに片付けや何かの準備となってしまうので
少しでもそうならないように、無意識的に遅く食べているのかもしれません。

ですので、早く食べ終わっても、決まった時間までは一緒にいてあげる
(食事が遅くなくても満たされる)ことを、教えてあげましょう。

<自分が注目してもらえる>

こちらも同じです。食事、および食事以外のところでも
注目をしてあげる。
あるいは、注目しなくても自分で納得できるようにしてあげましょう。

また注目の際は、「ほめる」ではなく「感謝」を表すようにしてください。
「ほめる」は、どうしても褒められる何かをするようになります。
そして褒められなくなると、それをしなくなります。
つまり、いつも注目を浴びていないと気がすまなくなります。

しかし、「ありがとう!」「早くたべてくれて、ママ助かるな!」などは
子供がママの役に立てている感じを味わえます。

子供は誰でも役に立ちたいのです。
しばらく続けることで注目がなくても自分で
できるようになる習慣ができます。

<先延ばし(苦手なものを食べる)>

嫌なものを先延ばしにする気持ちはよくわかります。
ですので、忙しい時には、思い切って苦手なものは
どけてしまいましょう。

先延ばしにしなくても、大丈夫なことを教えてあげましょう。

栄養バランスが気になるのであれば、
・余裕のある時に(土日など)ゆっくりたべる
・苦手なものは少量にする

などして、食事のペースが上がってきたら苦手なものを増やしていくように
しましょう。

<食事のたびに食べ終われないことを実感したくない>

これも苦手なことの先送りと同じです。
まずは、時間内に食べられることを実感させてあげましょう。
本当に食べられる分だけの少量にして、おかわりで量をかせぐように
します。

最低限の量をたべられてよし!
おかわりできたら、もっとよし!

そういって、子供が食べられていることを一緒に喜びましょう。

「うまくいっているケースを増やしてあげる」

また、子供も決してすべての食事が遅いわけではありません。
好きなものだったり、楽しかったり、後に楽しみがあったり
何か理由がある時、早く食べています。

そんな時は、何がよかったのでしょうか?
それを増やして上げてくださいね。

ちなみに我が家では、子供の楽しみを増やすために
食事の進捗バロメーター「ずん!」をやっています。

別の記事に記載しましたのでそちらも参考になさってください。

でも中には、体の特徴や、病気が理由で本当に食べるのが遅い子もいます。
そういう時はこどもに体の状態も聞いて上げてください。
そして、かかりつけのお医者さんに相談してみてください。

いかがでしたか?
少しでも、ママがニッコリできる食事になるといいですね。

今まで、子供に早く食べ”させる” ことばかり気にして
ニッコリできていなかったのなら、
いっそ食べなくてもしかたないくらいに思えるとママも気が楽になります。

そして、ふっと力が抜けた時、そんなママをみて子供の食事は早くなるかも。
なにせ「ママのニッコリ」が一番の解決策ですから!

Categories: 子育て

0 thoughts on “子供の食事が遅い?ママもニッコリ解消法!!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Posts

コーチング

家庭崩壊を救う住込みカウンセラー顛末記について

ブログ記事をお読み頂きありがとうございます。 家庭崩壊を救う住込みカウ Read more…

コーチング

その「好きにしないさい!」は本当に好きにしてよいのか?

「好きにしないさい!」とか「勝手にしなさい!」っていっちゃうもんですが Read more…

コーチング

鏡の法則をコミュニケーション的に説明してみた①

「鏡の法則」って嫌いじゃないけど、ちょっとスピリチュアルっぽい感じがし Read more…